杉並区西荻窪の情報サイト

「心肺蘇生とAED特別講習会」 ~ご報告

「心肺蘇生とAED特別講習会」
ご報告

  

実践!AEDの使い方をマスター!

こんにちは。

セコム株式会社の 瀧澤 巴(たきざわ ともえ)です。

先日、実施されました「いろはサロン特別企画」のご報告をさせて頂きたいと思います。

先ずはご参加頂きました皆様の声、感想の一部をご覧下さいませ。

~ 参加者さまの声 ~

・心肺蘇生のガイドラインも定期的に変わっており、新しい学びも沢山ありました。慣れるには場数が必要ですので、この様な機会を定期的に行っていただくことは非常に意味があることだと思いました。

・学びが多く楽しい講習会でした。とても良い体験になり参加をして良かったです。何かの時にはAEDを使ってみようと思いました。

・非常によく準備されていた講習会でした。

・帰宅後、早速主人をモデルにして心肺蘇生とAEDについて家族にも教えることが出来、しっかりと復習し覚えることが出来ました。

・イベントでは楽しみながら多くの学びと体験・経験を得る事が出来ました。今後の私の人生にプラスの影響を与えるものだと確信しています。

ご報告

9月の防災月間に合わせ「心肺蘇生とAED」の特別講習会をさせて頂きました。

2004年7月より、医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになった「AED」(自動体外式除細動器)。
駅・銀行・公共施設等で「AED設置」のステッカーを目にする事はあっても、その役割や操作方法をしっかりと理解されている方は、まだまだ少ないのが現状です。

そこで今回は、参加者全員が『心肺蘇生の方法とAEDの使用法をしっかりと身につけて、緊急時には人道的救助ができること』を目標に、少人数制の初心者にもご理解頂ける様に講習会を開催致しました。
講師は、セコム西荻窪営業所のチーフ 岩波 好信です。

まずは最新データに基づき、救急・救助の現状を交えながら応急手当の重要性や、救命の連鎖についてじっくりと時間をかけて解説を行いました。

その後の実践タイムでは、3人1組となり①周囲に応援を呼び、心肺蘇生をする役 ②119番通報をする役 ③AEDを持ってきて操作をする役 などを交互に体験して頂きました。
練習用人体模型を単なる人形としてではなく「自分の大切な人」を想像をしながら「自分の事として」取り組んで頂けるようにお話をさせて頂きました。

心肺蘇生の方法やAEDの使用方法も、疑問点などはその場ですぐに質問できることや、一人ひとりにじっくりと体験をして頂くことができたのも、一般の講習会と違い少人数ならではです。
また、医療従事者ではない「一般市民」の気持ち・不安についても「参加者、講師、企画者である私」がお互いに話し合えたことも特徴的でした。

今回の特別講習会を通じて「緊急時に人道的救助ができる」ことはもちろんのこと、参加者同士が顔なじみとなりいざという時に協力し合える「輪」が広がると大変嬉しいです。

ご参加をいただきました皆様、誠にありがとうございました。
今後も心を込めて取り組みます。
次回の企画もどうぞご期待下さいませ。

セコム西荻窪営業所
瀧澤 巴
03-5336-4810

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 西荻.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.