杉並区西荻窪の情報サイト

デイサービス 「空の花 宮前」 見学ツアー ~ ご報告

デイサービス 「空の花 宮前」
見学ツアー
ご報告

 

実践的な学び、実践を見学、実効に驚愕

こんにちは。

セコム株式会社の 瀧澤 巴(たきざわ ともえ)です。

先日、実施されました「いろはサロン特別企画」のご報告をさせて頂きたいと思います。

先ずはご参加頂きました皆様の声、感想の一部をご覧下さいませ。

~ 参加者さまの声 ~

・とても勉強になりました。
小規模デイサービスでこれだけ自立支援を明確に意識化して徹底していることに、率直に驚きました。
利用者様、職員の方々がきちんとそのやり方について来ていることがとても素晴らしく、自分たちのデイサービスにも要素を取り込むことができるのではないかと勇気がわきました。

・実際にデイサービスを見学した際に、ご利用者の皆様と直接交流をすることが出来て貴重な体験をさせて頂きました。

・ご利用者様に明確に目標を持って頂くために「目標管理シート」を一人ひとりご自身で書き手元に置いていました。
これが「ご自分で頑張るんだ」という意識へとつながるのだと強く感じました。大変参考になりました。

・単なる見学ツアーではなく、「自分自身が自立できているのか」を考えることになるとは予想外でした。
「自分らしく生きる」とは何かを改めて考えさせられました。

ご報告

いろはサロン特別企画第5弾は、初の試みである「デイサービスの見学ツアー」を開催させて頂きました。
いろはサロンのご近所にあるデイサービス「空の花 宮前」副社長 後藤京子さんのご協力のもと、おかげさまで今回も満員御礼。
9名の方にご参加を頂きました。

まずは参加者様同士で自己紹介ならぬ“他己紹介”からスタート。事前にお名前や好きなこと、夢中になっていることなどをご記入頂き、用紙を交換。その情報だけを頼りに相手の方を皆様の前でご紹介するというものです。実はこれは「少ない情報からでも、相手がどんな方なのかを読み取る」「相手の観察をしながら知ろうとする」ことの実践でもあり、まさに今回のツアーの序章という内容です。

講師の後藤京子さんからは「デイサービスとはどんなところなのか」という基本的なお話から、ご自身のもう1つの活動「音楽の花束」(高齢者施設に招かれて第一線のアーティストによる定期演奏会や高齢者施設が地域と連携するための企画プロデュース)のお話などを交えながら、本題である「自立支援とは何か?」を知るためのワークへと入りました。

ワークでは、参加者の方それぞれが
・自分が「自立している」とどういう時に感じるのか
・もしそれが出来なくなった時、色々と予測される原因は何か
・自分自身の生活はどのような変化がでるのか
という3課題を通して、自分を見つめ直すと同時に、「自立している」というこの言葉は一人ひとり感じ方が全く違うことも体感しました。

その後デイサービス「空の花 宮前」へと移動し、ご利用者様と直接お話をしたり、後藤様のピアノに合わせてご一緒に歌を歌ったりとゆったりとした時間を過ごしました。
そんな雰囲気の中、ご利用者様一人ひとりが「目標管理シート」を手元に置いて今日一日の目標、1年後、3年後の目標などを確認しながら過ごされていることも発見!後藤さんのお話の通り、きちんと現場で実践されている、まさに「新時代のデイサービス」でした。

ツアー終了後も、参加者の有志により「自分らしく生きるとは何か」という議題を軸に、デイサービスのあり方にとどまらず、  ご高齢者・子供・大人・犬猫にとっても、「地域のつながり・思いやり・協力が大切であること」など、意見交換があり熱気に包まれました。

今回も素敵な方々と親交も深まり、嬉しい時間となりました。
ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

次回は新企画、5月を予定しております。
今後も心を込めて取り組みます。どうぞご期待くださいませ。

セコム西荻窪営業所
瀧澤 巴
03-5336-4810

 

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 西荻.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.